目と年齢

40歳になったら緑内障や白内障について考えてみましょう。

40歳くらいから目のピント調整機能が低下し始めます。

目は人間にとって非常に大切な器官です。

人は外界からの情報のほとんどを目でみることによって取り入れています。

近くを見たり、遠くを見たり、長い時間じっと見つめたり。

そのたびにピントを調整しています。

気になることがありましたら、眼科か当店でご相談ください。

目の疲れを軽減する、生活習慣があります

職場においても家庭でもパソコン作業で目を酷使しています。

瞳孔の大きさを大きくしたり、小さくしたり調節する筋肉が疲れると。

身体に何らかの症状が出てきます。

症状が出る原因を知りましょう。

レーシック手術は安全なの?

効果が劇的な近視矯正手術です。

ただ、見えすぎるようになったことで自律神経に支障をきたすことがあります。

ご自身の望む見え方を考えることが大事です。

老眼の進行を遅らせるためのアイウォーキング

目の調節(毛様筋)をしている筋肉は加齢とともに能力が落ちてきます。

近くのものと遠くのものを交互に見るようなトレーニングを行うと。

ウォーキングで足腰を鍛えるように、目の筋肉を鍛えることができます。

まぶたのたるみ

加齢と共によくみられる眼瞼下垂。

目が開けにくいので無意識に力を入れてしまい、頭痛や肩こりが起きます。

特にコンタクト歴の長い人は要注意です。

目の状態にあったメガネを選んでいますか?

自分の目の状態にあったメガネをかけていますか?

見えすぎたり、度が弱すぎたりは頭痛、肩こりの原因になっていることもあります。

眼病が増えています

日本人の視力障害の原因の1位、2位に該当する病気が緑内障と糖尿病網膜症です。

症状が出る前、40代になったら一度検診を受けることをお勧めします。

目の健康「自己診断」をしてみましょう

当社では目の健康「自己診断」を行うためのチェックシートを作りました。

ぜひご活用ください。

WEB限定クーポン

印刷、またはスマートフォンでスタッフへご提示ください!

JCBギフトカードのみご利用いただけます。
JCBギフトカードのみご利用いただけます。